先週、フィリピン妻のパスポート更新が有りフィリピン妻と

案内役で娘が、東京のフィリピン大使館に行きました。

フィリピン人のパスポート更新について順序を紹介します。

5年に一度ですので、毎回手続きが変わりますので一番良いのは

フィリピン大使館のホームページを参照するのが良いです。

概要を説明すると、フィリピン大使館のホームページで

オンライン申請します。

オンラインで申請書を英語で書き込みます。

書き込み終わり、申請すると記入したメールアドレスに

返信メールが来ます。

メールの中のリンクにアクセスすると、フィリピン大使館の


申請日の予約が出きます、候補日として何日かが表示され

希望の日時を選択して送信する。

また、返信が来て予約完了。

2017-05-27-04-47-26


返信メールには、申請日に時間 受付番号、オンライン申請書の

PDFが添付されていて それをA4用紙に印刷しておきます。

後は、申請予約日にフィリピン大使館に行きます。

持って行く物は、

1、パスポート
2、パスポートコピー
(最初の写真のページ・最後の住所のページ)
3、メールの返信で来た申請用紙を印刷した物。
4、レターパック500
(返信用で住所・名前をローマ字で記入した物
念のため追跡番号を控えておく事)
5、申請料:7800円

新しいパスポートはフィリピン大使館のホームページには

2ヶ月(60日)程で送られてくると書いていますが、実際

には30日程で来るそうです。

以前は、12:00~13:30まで昼休みで受付してくれませんでし

たが最近は、対応が柔軟になったのか昼休みでも人は減り

ますが、対応してくれるようです。

受付の職員は、申請書・パスポートを見て出生証明書や

結婚証明書、在留カード、過去のパスポートを提出を求める

事があるので用意が出来るなら持って行ったほうが無難です。

大概はホームページに持ち物として書いていないので持って来て

いないと主張して無して済むようだが、何を言い出すか

分からないのがフィリピン人です。

受付が済むと数人が雑談形式で面接し、サインをして写真を

撮り終了。

問題が無ければ30分程で終了します。

この情報は先週フィリピン妻が東京のフィリピン大使館に行って

きた物で申請方法は予告無く変わりますので、フィリピン大使館

ホームページで確認願います。


フィリピン(海外生活・情報) ブログランキングへ