先日の旅行で、シンガポールからマニラ行きの飛行機が

欠航になり、ネコオヤジとフィリピン妻の持っている

MUFGプラチナカードに付帯で海外航空便遅延保険が

あります。

保険会社に連絡、すると 今回の旅行で 

①、8/17 シンガポールでマニラ行きが欠航

②、8/19 振替便の
シンガポールでマニラ行きが5時間遅延

③、8/19 乗り継ぎ便のマニラで羽田行きが5時間遅延 

以上3件の欠航・遅延が起きた。

このカードの保険は、自動付帯でカードで旅費を払って

いなくてもよく、この間の食事代が1万円程度まで保障

してくれるとの事。

遅延は凡そ4時間以上が保険の対象となるようです。

フィリピン妻も家族カードが有り、ネコオヤジト2人分

が対象になるそうです。

航空会社は、欠航・遅延で何も保障してくれず、遅延に

より、バーガーキングの朝食券を支給してくれたのと

マニラ空港での遅延では、おかずの少ない弁当にお水の

支給だけでした。

IMG_3202

それを考えるとありがたい、事です。

ネコオヤジの損害として、一番大きいのは マニラの滞在予定

が出来なくなり、予約していたホテルが利用できなくなった

事でマニラのホテル代金2泊分36,000円、シンガポールで

新たに予約し宿泊したホテル代金26,000円です。

今回の欠航・遅延は3回、各1万円X3回X2人で最高 6万円

保障してくれますが、欠航した便ではシンガポールで2日間

いましたので、フィリピン妻と3万円以上の食事をしていま

すので各1万円の保障は出来そうですが、②のマニラ行きでは

バーガーキングでの食事券、空港ラウンジも利用し食事では

お金は使っていません。

③の羽田行きに関しては、まともに食事を取る場所もなく

飛行機のフライトの時間も決まらず結果として5時間の

遅延となり食事も航空会社の弁当を食べてよしとして

しまった。

結局①の欠航便で食事をした分の2万円しか請求が出来ない

ようです。(ノд・。) グスン

保険請求には、航空会社の欠航・遅延証明がいるので

シンガポールの空港のカウンターで証明書の依頼をしてきた。

証明書は、メールでの発行しますとの事でメールアドレスを

渡し帰国。

日本に帰り、海外での証明書の発行依頼でしたので話が通じて

いるのか心配で、フィリピンエアラインの東京支社に電話 こちら

でも快く引き受けてくれ、メールで送付との事で、30分以内に

送ってくれると言う事 直ぐに手に入った。さすが日本です。

その証明書がこれ!
東京遅延照明

その後、遅れてシンガポールからもちゃんと欠航証明が到着

それがこれ!
シンガポール遅延照明


しかし、欠航した便の証明だけで依頼してあった遅延した便の

証明は落ちています。

マニラー羽田間の遅延証明は今回は請求できる物が無いので

合えて請求しませんでした。

保険会社からの申請書も郵送できましたので、請求をしたいと

思いますが、レシートの紛失も有りカバンのなかを捜索中、

近日中には申請したいと思います。

BlogPaint


IMG_3636

IMG_3639



フィリピン(海外生活・情報) ブログランキングへ