先日のフィリピンの結婚式の様子ですか

まだ書いていなかった事がありますので

書かせて貰います。

結婚式の前日から、花嫁・花婿はマニラ

オルティガスのオークウッド・プレミアホテル

のスイートルームに泊まり、結婚式当日の

朝に部屋にバクラ(オカマ)の美容師が

来て、姉妹、親戚の結婚式出席者のヘアー

メーク、化粧をやってくれる。

結婚式はここから、場所をマリキナの教会

・披露宴会場に車で移動して行われた。


BlogPaint


披露宴は日本と同じく、テーブルがセットされ

招待客にはテーブルにネームタグが置かれ

席が決まっていた。


結婚式-披露宴2

テーブルの上には、今回の結婚式のテーマが

青い海のようで、イルカや灯台等の置き物が

置かれテーブルクロスも淡いブルーとなって

いた。

また、最初に出された飲み物も淡いブルー。

招待されていない客は、グループごとに適当な

席に座ったようです。

食事はウエーターが居ますが、基本的には

ビュッフェスタイルで各自が飲み物食事を

取に行くスタイル。

招待客にはウエーターが順番に料理を運んで

くれた。

フィリピンスタイルなのは、教会から披露宴

に着いた順に席に、そして乾杯もせずに

食事を始めていた。


結婚式-披露宴

招待客には、日本と同じ様に引き出物が有り

お土産に持って帰れるようだった。

下の画像がその引き出物の女性バージョンで

L'OCCTITANのギフトセットに貝で出来た小物

入れ、ストールに結婚する二人をイメージした

ウエディング人形が貝殻模様のトートバック

に入れられていた。

これは、結婚式終了後ホテルで友人の物を

写真を撮らせてもらった物です。

ネコオヤジと、フィリピン妻の分はなぜか、

フィリピン妻が、貰えなかった客に披露宴

会場で配ってしまったので男性バージョンの

引き出物は何が入っていたか分かりません。

BlogPaint

結婚祝いの御祝儀は、会場で渡された これも

青い封筒に入れ、新郎新婦がチークダンスを

踊る間に、衣装にピンで止めるか手渡しを

する。

なかにはお札をそのままピンで止めてる

方もいました。

以前は お札を直接、新郎新婦の衣装に

ピンで止めて渡していたのでしょうが、

フィリピンも物価高で500、1000ペソでは

足りなくなって来ているのでしょう。


フィリピン(海外生活・情報) ブログランキングへ