フィリピン妻を持つネコオヤジです 

今日で11月も終わります、明日から12月

今年も後1ヶ月となりました。

寒くなり、外に出るのがおっくうになって

いるネコオヤジとフィリピン妻です。

寒い冬は、暖かな南の国で暮らし、春から

日本で暮らすのが夢のネコオヤジです。

IMG_0668
 
ネコオヤジとゴルフ

ネコオヤジはゴルフを初めて、32年が経つが

途中、何度か休止していた年がありますから

実質半分くらいでしょうか?

今年、数年間休止していたゴルフを7月から復帰

した。きっかけは、腰痛で数年ゴルフから遠のき

今まで持っていたゴルフの会員権を1月に譲って

から、なぜかゴルフがやりたくなり フィリピン妻に

相談、フィリピン妻もやりたいと言い出し、一緒に

始める事になりました。

経済産業省の発表した「レジャー白書」によると

2000年に1300万人だった日本のゴルフ人口も

2015年には720万人に減少しているとあった。

ネコオヤジがゴルフを始めた32年前は、

バブル期の始まる頃で、ネコオヤジの住む

近くのゴルフ会員権も庶民コースで少し前まで

100万円以下のゴルフ場も200万、300万に

値上がりしていた頃でした。

ゴルフ場のプレー代金も庶民的なゴルフ場に

平日行って、15,000~20,000円程掛かって

いた。 

ゴルフを本格的のやるため、お金を貯め何とか

ゴルフ会員権を買う事が出来た。

会員権を買う為に、お金を貯めるのに時間が

掛かり買った時にはバブル期に突入していて、

買った会員権の金額は350万円もした。

ゴルフがうまくなるよう、毎日ゴルフ練習場に

行き、コースにも月4のペースで行っていたので

コースを70台で回れるようにもなった。

しかし、29歳でフィリピン妻と結婚し子供も

産まれ、しばらくしてゴルフに行かなくなった。

当時ゴルフ会員権も高騰、ゴルフ場の

会員名簿が発行して居た為か、頻繁に

会員権業者から買取のハガキが来ていた。

それを見ると、最初は700万円ぐらいから、

ピーク時は1500万円にまで跳ね上がって

いた。

ネコオヤジは金運は良いほうではないので

バブルが弾けたて、値がかなり下がった頃に

売却した。

それから、10年位してから バブル期では手が

出せないゴルフ場のメンバーになる機会があり

ゴルフを再開した。

2016-11-12-16-25-07

年齢も40代になっていたので、ゴルフへの情熱も

昔ほど無いので、練習なしでコースの行く状態

コースも月1~2回のペースでしたが、腰痛で

コースへ行かなくなっていました。

この会員権を今年の1月に、後輩の譲りました。

フィリピン妻と7月にゴルフを再開となり、今年は

フィリピン妻と9回コースに出ました。

2016-11-12-16-24-54

image



フィリピン(海外生活・情報) ブログランキングへ